This page:アレルギー > アレルギー食品

アレルギー食品

アレルギー症状の中でも命にかかわる症状、アナフィキラシー・ショックを引き起こしてしまう食品アレルギー。
このアナフィキラシー・ショックというのは、ある特定の食品を食べたときなどに起こります。
痺れや血圧の低下、呼吸困難など死に至る場合も少なくありません。
また、アレルゲンとなる食品の摂取によってアトピーや喘息など他のアレルギー症状を引き起こすことも多々あります。

アレルギー食品の代表的なものには蕎麦・小麦・卵・牛乳・大豆・海老・蟹などがあります。豚肉や鶏肉・サバや牡蠣などの肉類や魚介類にもあります。
これらのどの食品がアレルゲンとなるかは、人によって違うためアレルギー検査などで品目を限定しておくのが良いでしょう。

また食材そのものではなくとも、含まれる脂肪自体がアレルギー症状をひき起こすこともあります。
脂肪は脂肪酸で構成されていますが、肉類に含まれる脂肪酸のひとつ「アラキドン酸」はアレルギー症状を引き起こす原因となるのです。
必須脂肪酸であるアラキドン酸は、ひまわり油・コーン油・サフラワー油などのリノール酸(多価不飽和脂肪酸)から体内に取り入れられ、合成されます。
揚げ物などが多い食生活では、こういったアレルギーを引き起こす食品を知らず知らずに摂取してしまうことがあるのです。

反対にアレルギー症状を緩和する食品もあります。
例えばサバやイワシ・マグロなどの魚類に含まれる「EPA(エイコサペンタエン酸)」は同じ脂肪酸でも改善すると言われます。
このアラキドン酸とエイコペンタエン酸は体内の血液中に1対1くらいの割合であると かなりの改善に効果があります。

またアトピー性皮膚炎にはr-リノレン酸・DHA・ビタミンなどが有効です。
アレルギー喘息にもDHAやエイコペタン酸・亜鉛・βカロチン・ビタミンなども効きます。
食材だけでなく、脂質や成分なども知っておくと良いでしょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0