This page:アレルギー > 金属アレルギー

金属アレルギー

初めてピアスをつけたら、かぶれて大変なことになってしまった!なんてことはありませんでしたか?
それはきっと金属アレルギーでしょう。
ピアスは皮膚に穴を開けて直接皮下組織に金属が触れるため、金属アレルギーが起きやすいのです。

金属アレルギーとは、アレルギー性接触皮膚炎といい、アクセサリーや下着についている金具など、身につけている金属が汗や体液で溶けてイオン化し、体内に入り拒絶反応を起こすことです。
症状としてはかぶれや痒みなどが多く、赤く腫れてくることもあります。

アレルギーを起こしやすい金属としては、ニッケル・コバルト・クロム・亜鉛・マンガン・銅などがあります。
金・銀・プラチナは比較的アレルギーを起こしにくいとは言われていますが、皮下組織に直接針をさすピアスなどではアレルギーを起こしてしまうことも多いようです。
アレルギーを最も起こしにくい金属としてはチタンがよく言われますが、最近ではこのチタンを金具の部分に使ったピアスが良く売られています。
金属アレルギーは誰でもがなるというわけではありませんが、一度反応を起こしてしまうと再び同じ金属に接触すると、ほほ必ずといっていいほど、またアレルギー反応を起こします。

では金属アレルギーを起こしやすい体質というのがあるのでしょうか。
金属は酸性に弱いという性質を持っているため、汗や体液に溶けやすくなります。
したがって、汗をかきやすい人、また皮下組織に浸透しやすいような角質層の薄い人などはアレルギーを起こしやすくなります。
また冬よりも、汗をかきやすい夏のほうが当然アレルギーが起きやすく、不衛生な環境にあると反応しやすくなります。
ですから、アレルギー体質だと疑われる人は身に着けないことが一番ですが、まずパッチテストなどで自分が反応を起こしてしまう金属をあらかじめ特定するのもひとつの方法でしょう。
その上で安全な金属を選んで身につけるとか、汗をかきやすい夏場は避けるなど注意することも大切です。
また特にピアスなど接触頻度が高く、密接なものは常に消毒をし、清潔に心がけましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0