This page:アレルギー > 歯科アレルギー

歯科アレルギー

歯科医院でパッチテストなんて・・いいえ、金属アレルギーは口の中でも起こるのです。
歯に詰めた金属が唾液などで微量に溶け出したり、直接口内の細胞組織に触れるなどして起こり、痒みやただれなどの症状をともないます。

アレルギー体質だと思われるときは、治療を行う前にあらかじめパッチテストなどで金属アレルギーを確認しておくと良いでしょう。

また金属アレルギーであると分かった場合には、一般的に詰め物に用いる亜鉛や銀・パラジウム合金・白金などのアレルゲンとなる金属の使用を避け、チタンやセラミックのインプラント・ジルコニアのブリッジを使用して貰うと良いでしょう。
矯正用に使われるニッケルやマンガンなどもアレルゲンとなることがあります。成分表を確認し、アレルゲンを除去した治療方法を依頼しましょう。

さらに口内の金属アレルギーでは、上下の歯に詰めたものが違う金属であった場合には磨耗や接触によってガルバニ電流が発生し危険なこともあります。口内は免疫力が低下しているため、発癌や老化の原因にもなります。慢性的な頭痛や関節痛を伴うことも多々あります。

金属の除去においても、除去時には微細な金属粉塵が口内で飛び散り、気管や腎臓・肺などに散布し、腎炎や肺炎を起こすこともあり大変危険です。
その場合はEDTA点滴キレーション療法といって、体内に入った有害金属を解毒・排泄する必要があります。
歯の治療には金属は不可欠なものですが、事前に医師としっかりと話し合うことは重要です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0