This page:アレルギー > アレルギー性皮膚炎(アトピー)

アレルギー性皮膚炎(アトピー)

アレルギー疾患の中でも年々急増しているのがアレルギー性皮膚炎(アトピー性皮膚炎)です。
アトピー性皮膚炎は、ほとんどが乳幼児期に発症することが多く、一般的には強い痒みや湿疹、また掻くことによって感染し炎症を起こす、などの症状がありますが、症状や経過には個人差が大きく、用例も様々です。
ただ良い、悪いを繰り返し、症状は改善されても、なかなか完治しないことが多いのです。

アトピー性皮膚炎の原因は大きく分けて「アトピー素因」と「アレルゲン」です。
アトピー素因とはアトピーになりやすい体質という意味で、生まれつきアレルギーを起こしやすい体質であるか、外部からの刺激に弱い皮膚を持っているかの、どちらかであることが言われています。
アレルギーを起こしやすい体質かどうかはいうのは遺伝によることが多く、家族や血縁の中にアトピーや喘息などアレルギー疾患を持った人がいるということです。
また外部からの刺激に弱いというのはアレルゲン(抗原)となるものによって、過剰な反応を起こしてしまうものです。

アレルゲンとなるものには、他のアレルギー疾患と同様にハウスダスト・ダニ・カビ・ペットまたは花粉・住宅建材の公害物質などが上げられます。また卵や牛乳・蕎麦などの食物アレルゲンもあります。
これらのアレルゲンはアレルギーを引き起こす原因となるだけでなく、症状の悪化にも影響します。
ストレスなどの精神的要素や生活環境・生活のリズム・食事なども影響を与えてしまいます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0