This page:アレルギー > アレルギー性皮膚炎(アトピー)の治療

アレルギー性皮膚炎(アトピー)の治療

アトピーに治療には免疫や炎症を抑えるためのステロイド薬や免疫抑制薬(タクロリムス)などの外用の塗り薬が使われます。
また痒みを抑えるために抗ヒスタミン薬などの飲み薬を服用したりもします。
しかし、それぞれに副作用もあり、長く続けてもそれほど効果が無いなど、人によっては有効な治療法で無い場合もあります。
このほかにもアトピーの治療には、当帰飲子や十味敗毒湯・消風散などの漢方薬、または煎茶など、薬剤だけでなく食事療法も用いられます。
しかし、アトピーは原因そのものが遺伝的な体質によるものが大きく、まだまだ解明できない部分があり、必ずしも有効な治療法が見つかっていないのも事実です。

乳幼児期に発症したアトピーが成人しても全く改善されず、辛い症状を抱えたままの人もいれば、12?15歳ごろには全くきれいに治ってしまったという人もいるのです。
また薬剤や食事療法では効果が無かったのに、温泉の水で症状が治まるという例もあるのです。
この温泉がアトピーに良いのは、皮膚炎の治療には酸性水がよいからです。温泉にはアルカリ性と酸性の温泉水がありますが、アトピーの治療によいのは、酸性の温泉です。酸性には殺菌作用があり、皮膚炎でジュクジュクした皮膚を治すには酸性水で洗うのがよいといわれます。一般的な家庭の水道水には塩素が含まれており、皮膚炎には良くないのです。

アレルギーの改善に免疫は大きなかかわりがありますが、そこでも体質の酸性度を変えることの重要性が認められています。
アルカリ体質はメンタル的な部分でも楽観的であったり、前向きなことが多く、免疫力や自然治癒力を高め、アレルギー症状の改善に効果があるのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0