This page:アレルギー > アレルギー性皮膚炎に効く温泉

アレルギー性皮膚炎に効く温泉

アレルギー性皮膚炎(アトピー)に効果があるといわれる温泉治療ですが、何処でもいいというわけではありません。
アトピーの炎症を悪化させてしまうのは肌の表面にある黄色ブドウ球菌が原因です。
これが繁殖し、皮膚炎を起こしますが、この黄色ブドウ球菌の殺菌に酸性のお湯が良いとされています。
硫黄水素泉や硫化水素泉、酸性水がジクジクと炎症を起こした肌を静め、イオン化した成分が皮膚から体内に入り皮膚組織を正常化させる効果があるのです。

万病の治療に良いとされている草津温泉は皮膚炎の治療にも有効です。温度も高く透明なお湯はもちろん酸性です。
最近ではアトピーの治療に良いと注目されている温泉のひとつです。

また北海道の豊富温泉は古くから火傷に効く温泉として知られていますが、黄褐色の湯はアトピーの治療にも効果があります。
近くには宿泊できる施設もあり、湯治に来る人が後を絶ちません。

薬に頼るばかりの治療に変わって、注目されている温泉療法。
この温泉治療で症状が改善された例を見るとIgE地が劇的に下がっており、十分な効果が確認されているが、あくまで改善された例であって 逆に湯の効用に感化されただけでアトピー体質そのものの改善にはなっていないこともあるようです。
ステロイド薬の慢性的な使用によって副作用を起こしている場合の、ステロイド離脱には良いのかもしれませんね。
また低下している内蔵機能の活性やストレスの発散には最適でしょう。
しかしアトピーの症状と要因には人それぞれ異なったものがありますので、療養には医師に相談してから行ってください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0