This page:アレルギー > 黄砂アレルギー

黄砂アレルギー

黄砂アレルギー、聞きなれない言葉ですが、花粉症とともに自然界から影響を受けて起こるアレルギーのひとつです。
黄砂は中国のゴビ砂漠やタクラマカン砂漠など、一帯に広がる乾燥地帯や黄土地帯に吹く偏西風によって巻き上げられる砂塵です。
3?5月にかけて偏西風によって巻き上げられて飛ばさされた黄砂が、日本上空で下降し、散布します。

成分は炭酸カルシウム(CaCO3)が10%以上含まれ、アルカリ性です。
粒子は直径01ミリ以下と細かく、鼻や口から入って気管を刺激します。
このアルカリ性の砂はアレルゲンのひとつにも考えられています。
目には入れば痒みや不快感を伴い、アレルギー性結膜炎を引き起こします。
鼻に入ると鼻水やくしゃみ、アレルギー性鼻炎と同じ症状になります。

また気管に入ると喘息を誘発させることもあり、油断のならないアレルゲンなのです。
黄砂は花粉同様、粒子が細かいため、マスクなどで体内への侵入を防ぐしかありません。
黄砂の飛びやすい4月頃は外出を避けたり、洗濯物を外に干さないなど注意が必要です。

またそれ自体は有害成分ではなくとも、黄砂に含まれるカビ・ダニ・ホコリなどはアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患にも悪影響を及ぼします。
成分がアルカリ性のため、皮膚の毛穴を開かせやすく、アトピーには大敵なのです。
外に出るときは被服などで皮膚を覆い露出を避けましょう。
黄砂の大気汚染は世界的にも問題とされていますが、それにもましてアレルギー患者にとっては改めて注意の必要なアレルゲンとなっています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0