This page:アレルギー > 犬のアトピー(アレルギー性皮膚炎)

犬のアトピー(アレルギー性皮膚炎)

うちのペット、なんだか痒そうに噛んでばっかり・・おなか周りが赤くかぶれているけど・・なんてことはありませんか?
犬にもアトピーってあるのです。
お腹や足の付け根・耳・わき・顔・足先など比較的皮膚の薄い部分に症状は現れます。

アトピーになりやすい犬種は柴犬やゴールデンレトリバー・ラブラドールレトリバー・マルチーズ・シーズー・テリアなどですが、ほとんどの発症年齢は3歳以下、85%は5歳以下で発症しています。

人間のアレルギーになりやすい体質と同じように、犬にも生まれつき皮膚が薄く、セラミドなど脂質不足で、皮膚表面の皮脂層がはがれやすい犬種があります。
そしてその皮脂層のはがれた部分にダニやカビなどアレルゲンが体内に入りやすくなり、アレルギー症状を起こしてしまうのです。

疾患が現れる部位は限られていますが、激しい痒みや炎症・ただれなどペットにとっても辛いものでしょう。
早めに受診し、薬等を処方してもらいましょう。
炎症を抑えるのはステロイドの塗り薬、痒みを抑えるのには抗ヒスタミン薬の服用、また体質改善に効果のある犬インターフェロンーrなども処方されます。
ドライスキンに気をつけ、シャンプーなどこまめにし、皮膚を清潔にしてあげてください。
また低アレルゲンの食事やノンアレルゲンのシャンプーなど取り入れ、体質の改善を心がけ、清潔な環境を作ってあげましょう。

自然食ドックフードの店「犬のアレルギー専科」では8種の雑穀と8種の野菜を使って、無添加・無着色の安心ドックフードを販売しています。
原材料は全て国内産で犬のアレルゲンとなりうる輸入原料を使ったドックフードに含まれるエトキシキンやBHC/BHAブチル・ヒドロキシ・アニソールなどの添加物を含まない人間でさえ食べられるような、安心・安全な自然食を提供しています。
購入は通販にて。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0