This page:アレルギー > アレルギーの事例

アレルギーの事例

アレルギーには様々な症状がありますが、鼻炎による鼻水・鼻づまり、皮膚炎による腫れや炎症・湿疹、食物アレルギーによるアナフィキラシーなどは良く知られています。
しかし、アレルギーはその原因も解明されていない部分が多く、症状も予想外なことが起こりうるものです。

例えば、夕方になると、きまってだんだん頭が重くなりひどい偏頭痛になる。病院で検査をすると、呼吸器に多少の問題があり、食物アレルギーの疑いがあるといわれた。アレルゲンは大豆だった。
呼吸改善と大豆アレルギーの除去を行うと頭痛は解消した、などという事例もあります。

また、突然激しい頭痛に襲われ、病院で精密検査を受けると、血液検査、CT、MRIなどの画像診断ともに異常は無かった。
処方された鎮痛剤を服用するが殆ど効果もなく、もう一度検査を行うと左脳幹の機能低下、右大脳の機能低下、全身の筋力も低下していることがわかった。不思議なことに自宅の水道水に強いアレルギー反応を示す。
そこで自宅の水道水を用いてアレルギーを除去すると、アレルギーは改善されたのです。
この中枢系の機能低下、全身の筋力低下もアレルギーによって引き起こされたものだったのです。

こんな危険な事例もあります。
運動中に突然意識を失い、救急で運ばれたが、意識が戻っても立つ事も歩く事も出来ない。
検査の結果、左脳の機能低下が確認され、右小脳への刺激伝達路を利用し左大脳の活性化する一方で、アレルギー体質であることも判明したので、卵のアレルギー除去を開始。さらにビタミンC、小麦を除去、全てのアレルゲンを除去し終えると、運動機能が回復し、元の健康な状態に戻ったという。
これはアレルギーの影響により中枢からの神経伝達が阻害されたものと思われます。

たかがアレルギーと軽く思われがちですが、実は重大な症状を引き起こすこともある疾患だということを認識しておきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0