This page:カーシェアリング > カーシェアリングの意義

カーシェアリングの意義

1台の車を複数の会員で共有する新しいこの形態をカーシェアリングと言います。
カーシェアリングの利用者はマイカーを所有していません。
サービスを提供する団体の会員となって、車が必要な時に車を借りて使用する。
レンタカーに似たようなものです。

1987年にスイスで始まったカーシェアリング。
学生の間で始まったようです。
2006年にはヨーロッパから世界18ヶ国で600都市、34万8千人が利用しています。
車両も11700台になります。

カーシェアリングの意義があります。
・自動車によって環境破壊していることへ抑止です。
自動車の台数を減らすことで、地球の温暖化を抑止できます。
また、地球のエネルギーの消費量を削減して都市の交通渋滞を緩和します。
自動車による事故の発生も緩和します。
自家乗用車の二酸化炭素の排出量は年間で1トン近くあるようです。
電気自動車、ハイブリッド車は環境にやさしい作りなので、それをカーシェアリングで利用することにより環境破壊の抑止は更に高まります。


・自動車所有者にとって経費節減になります。
自動車取得費、維持費の削減。また、駐車場賃借料の削減。
こういったものをカーシェアリングでは会員全員で分担できるので、1人当たりの経費で考えるととても少なくなるのです。
欧米では車1台で約30人の会員で共有しているようです。
そして、マイカーは本来資産になりますが、カーシェアリングにすると経費として考えるのです。
車を使用したいと考える前に車を使うべきかどうかを考える習慣がつくのです。
自然と車の使用が少なくなり。
上記で述べた通り、環境破壊への抑止になります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0