This page:カーシェアリング > 将来性

将来性

カーシェアリング 将来性について。

技術的な進歩にたいして
・インターネットでパソコン、携帯電話からの予約と取り消し等の作業が簡単に出来ます。
・ICカードの使用により便利になります。
・テレマティックス技術によってリアルタイムな情報が把握できるようになっています。
・電気自動車、ハイブリッド車そして、燃料電池車などの低公害車の開発が進んでいます。

社会の環境変化
・車によっての環境破壊から都市交通問題の対策
・不況による経済的な負担で自家用車の所有を見直す
・企業などの社用車も経費削減の対象になっています。

住宅の事情
・日本では住宅が密集して建てられています。その為に十分に駐車場の確保も出来ないといった問題もあるのです。
そんな住宅の密集している地域内にカーシェアリングを取り入れれば利用者も増えるでしょう。

公共の交通機関と連携する
・世界中には車がないと生活が難しいと思える地域は沢山あります。
そこを上手く公共の交通機関との連携を使えると利用者も増えるでしょう。


カーシェアリングについての問題点
車に対しての所有意識が強い
・日本人は特にですが、車に対しての所有意識が高いのです。
マイカーを大切にして、社内をプライベートな空間に保ちますので、カーシェアリングの様に車を共有することが苦手です。
・また車が好きで、洗車をするのが好きで、ドライブを良くする人にはカーシェアリングの使い方では物足りないのでしょう。
を良くしていこうと考えることもできるはずです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0