This page:カーシェアリング > カーシェアリングの効果

カーシェアリングの効果

カーシェアリングでの効果が気になるところです。
カーシェアリングとは一台の車を10人から30人程の人数で共有します。

カーシェアリングに移行する人が増えれば車の台数は必然的に削減されます。

カーシェアリングを行うことで効果が期待されることをあげてみます。
・自動車を製造する際に排出されている二酸化炭素を削減できる。
・自動車が減れば交通渋滞も減少します。
・違法している駐車や迷惑駐車も削減される。
・交通事故を減少させる。
・集合住宅の駐車場不足を解消する。
・集合住宅の駐車場スペースを多様化
・駐車場の削減で都市整備、緑地化などの促進
・公共の交通への移行により活性される。

また、どうしてもマイカーを使用する場合でもコスト削減の道はあります。
・低燃費のエコカーや電気自動車がお勧めです。
二酸化炭素の排出を削減してくれるのです。

カーシェアリングは小さい車体なので、運転が簡単です。
マイカーからカーシェアリングに移行すれば、駐車スペースも削減できるし、交通事故なども減ります。

また利用者は毎回支払う額を確認できるので、コストを削減できます。
お金を払ってまで車で行くところかを考えるのでとっても効率が良いです。

マイカーと違って利用時間や距離でお金を払うので、無駄な使い方をしないで済みます。
効率よく車を使えます。

車をいうものは持ってしまうと、どんどん依存してしまう乗り物です。
なければ、特別なことがない限り車を必要としないのですが、
車を乗りなれてしまっている場合はなかなかマイカーを手放してカーシェアリングに移行するのは大変でしょう。
でも、昨今の経済状況からみても一度検討してみる価値はあると思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0