This page:カーシェアリング > ビジネス

ビジネス

カーシェアリングの日本でのビジネスはまだまだ発展途上にあります。
カーシェアリングをこれから事業で考えている場合は失敗しない項目を下記にあげます。

カーシェアリング事業への準備
・実施地域を選択する。
・使用者はどこのどういった人達で駐車場をどこに設定するのか。そういったビジネスモデルを設定する。
・管理方法
・集客率の目標を設定して、採算性を検討する。
・集客活動をして参加者の意思を聞く。
・集客した人の意見から案を具体化していく。
・車種を決める。
・料金を設定する。

カーシェアリングの為の車をリースする際には資金力のある事業体への連携が必要でしょう。
例えば、
・基盤整備オリックス自動車(株)
・(株)サージュ
・ニシム電子工業 (株)  
・ホンダ 

カーシェアリングを提供している日本の事業者はレンタカーと同じ様に規制を受けるのです。

共同で自家用の自動車を使用しようして、有償にて貸し渡しする場合は国土交通大臣からの許可が必要です。
そして、レンタカー業者としての許可が必要です。
なので、日本でカーシェアリングはレンタカーと同じ規制を受けます。

レンタカーの許可を取るには貸し渡し詳細を記した、貸渡許可申請書の提出が必要あります。

そして、レンタカー事業には色々な規制があります。
まだまだ、カーシェアリングとしての規制が確立していないのでレンタカー扱いになるようです。

それでも、これからの社会でカーシェアリングは必要な事業になっていくと思うのです。
もっともっとカーシェアリングを広めていけたら、環境にもとっても良いと思います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0