This page:カーシェアリング > カーシェアリングの普及

カーシェアリングの普及

カーシェアリングの普及には様々な背景があります。
カーシェアリングは1980年にスイスにて誕生しました。
日本には法律の制約の為になかなか叶わず、かなり遅れて1999年になって経済産業省が実証実験から開始しました。
この法規制には
「有償での車両の貸出には、有人の事務所で管理しなければいけない」というものでした。
レンタカーの為のものでしかありませんでした。

しかし、時代と共にニーズが拡大されて環境の対策や技術の発達から2005年4月に国土交通省からの通知によって、特区認定を受けることができた地域にて無人の貸出の為のステーションが可能になりました。
それからは神奈川県、福岡県、広島県なども特区の申請を行いました。
都市を中心にカーシェアリングがサービス開始となりました。
特区のエリアも徐々に拡大しました。
はじめは補助を受けて実験的な事業となっていた団体も民間事業へ移行しました。

2006年7月からは規制が緩和されて特区の申請が無くても無人管理により有償カーシェアリング事業ができるようになりました。
今現在ではオリックスやマツダ、トヨタなどの大手企業が参加しています。
様々なサービスが生まれ、最長をしている産業の一つになっています。

時代とともにカーシェアリングのサービスが伸びているように思います。
まだまだ、利用者は増えていくと思うので、料金体制からサービス全般の改革も期待して見守っていきたいです。
今はまだ私の住んでいる地域ではこのカーシェアリングのサービスを受けることは不可能です。
それが近い未来には実現できたら楽しいです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0