This page:カーシェアリング > カーシェアリングとリース車

カーシェアリングとリース車

カーシェアリングと個人向けのリース車の違いです。
カーシェアリングとレンタカーの他には個人向けのリースという手があります。
リースとは実際には買ったわけではないけど所有しているという感じが一番のイメージでしょうか。

リースは新車を2年から5年の使用期間で予想走行距離を設定して、その期間車をレンタルするのです。
これを利用すると分割ローンで新車を買うよりも経済的に車を所有することが出来るのです。

詳しく説明すると。
・リースは2年から5年後に返却すると残存価値というものが発生します。売却で言うと下取りの価格です。
・予め販売価格から残存価値を引いた価格を設定する。
・最終的に残存価値が予定から外れていたら返却の際に清算できる。

リースとマイカーの違いに明らかに違うものがあります。
リース中に発生する諸費用は全てリース価格に入っている。
なので、突然他に費用が発生することがないのです。
諸費用には手続き費用や税金、保険、整備費が入っています。

リースはカーシェアリングやレンタカーとは全く違うものだとは思いますが、比べる為にもご紹介してみました。
そして、カーシェアリング、レンタカーと大きな違いは自分で駐車場の確保が必要なことですね。

しかし、カーシェアリングやレンタカーで満足が出来なければリースも検討すべき手段になるのではないでしょうか。
完全なマイカーとは違っても所有できるのです。

いずれにしても経済的であるのは同じようです。
マイカー離れが出来そうです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0