This page:カーシェアリング > カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングのデメリット

カーシェアリングにもまだまだ問題点がいくつも残っていてデメリットもあるのです。
経費削減や環境への対策で大きな効果と期待を持っているカーシェアリングですが、何年か前までは法整備も遅れていたのです。
今では法改正も行われて事業全体としては立ち上がりやすくはなってきています。
今後のカーシェアリングの広がりには制度、システム整備そして、利用者の意識的な改革が必要とされるでしょう。

もともとシェアという感覚は日本人にはないのです。
日本人には物に対しての所有意識が高いので、持っているものを対セルにしたりします。
そして車に関して言えば、社内はプライベート空間である意識があります。
そんなプライベート空間を共有するという考えは必然的に毛嫌いの傾向にあります。

また、日本人特有の傾向なのかもしれませんが、車好きマニアが多いのでしょう。
自動車に愛着を持っている人が多いのです。
そんな日本人に車を共有して道具化することに抵抗があるのでしょう。

最後にカーシェアリングだと車種が選べないのです。
カーシェアリングには軽自動車や小型車を多く使われていますが、ワンボックスやトラック等の大型の車種を持ち合わせているところはほとんどないのです。

まだまだ日本人にはカーシェアリングはなれない事なのかもしれませんが、時代の変化と共に考え方も少しずつ変化してくると思います。
車を所有することから経費で気軽に乗る。
全てに関してカーシェアリングは良い事をきちんと知ることが出来る日が来るはずです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0