This page:カーシェアリング > カーシェアリングと環境破壊

カーシェアリングと環境破壊

自動車における環境破壊とは自動車の台数が増えれば、それだけで走行時に発生している排気ガスが地球の環境に悪影響を与えているのです。

自動車が走れば排気ガスが発生して、大気汚染されます。
自動車のガソリン 1リットルを消費するのには約2.3kgの二酸化炭素が排出されているのです。
また、家庭からの排出される二酸化炭素で1/3は自動車から排出されるものと言われているのです。
自動車を生産するときも二酸化炭素は発生しています。
日本で自動車会社メーカーは各段階にて排出している二酸化炭素を削減しようと努力しています。
EUで削減数値の法案を提出しています。
自動車からの排気ガスの問題はそれだけ深刻なものです。

また生産する時だけではなくて廃車にする際に関しても問題とされています。
日本は年間で中古車を輸入されているは約100万台になります。
約400万台の自動車は廃車にされています。
自動車のリサイクル法の施行によって完全にスクラップされるよりも前に出来るだけ数多くリサイクルにするようにはなってきました。
それでも最終的にはスクラップされます。
毎年、新車登録する車は約600万台です。なので、毎年約100万台は自動車が増えていることになりますね。

二酸化炭素の排出削減の為に技術が向上していても、これだけ自動車の台数が増えていては温室効果画ガスの削減にはなりません。
根本的な自動車の削減に取り組まなければなりません。
そのためにもカーシェアリングをいうサービスがあるのではないでしょうか。

不要で使用しない車の為にお金を使うよりももっと快適に過ごせる何かがあるはずです。
カーシェアリングの利用によって車の使用も可能な世の中ですので。
この機会にすこし考え方を変えてみるのも良いです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0