This page:カーシェアリング > 車社会の抑制

車社会の抑制

カーシェアリングの重要な役割は、車社会の社会と環境への影響の抑制です。
経済的にも用途についてもカーシェアリングには興味がない人もいますが、この問題に対しては十分に理解する必要もあると思います。
カーシェアリングの意義について考えてみたいと思います。

増えすぎている自動車
平成19年度の3月末に全国で登録されている自動車数は7,900万台になります。
そのうち5,800万台の73%がマイカー登録になります。
国民2人に1人がマイカーを所有している計算になっています。
自動車離れである現在、台数を見ているとまだ増加傾向だと思います。
1世帯に2台以上マイカーを持っているところも多いですが、すべての自動車が十分に使用されているとは思えません。
自動車が増えることで交通渋滞、駐車場不足、交通事故につながります。
しかし、ここ数年では交通事故の件数は減少しています。
配送車の一時停車駐車を取り締まって強化して交通状況も改善されつつあるようです。
でも、自動車運転をする者にとっては取締りが厳しくなっているという現実があります。

マイカーは本当に必要なのでしょうか。
マイカーの購入理由には「交通手段が欲しい」「いざという時の為に」「豊かな生活象徴」等が挙げられます。
現実には1人とか2人でしか乗らないのに、最近では大きい車を購入する傾向です。
年間の走行距離も3,000km以下であることが多い。

マイカーは購入しただけでは終わりではありません。
維持費がかかるのです。車は機械です、定期的に動かさないと痛みもあります。

また、車で行くほどの距離でないのにも関わらずコンビニ等にも車を使用する状況になってしまっている人もいます。
車を使用するメリットがないように思います。
無駄なことばかりです。

だからこそ、上記に当てはまる様な人にはカーシェアリングをお勧めしたいです。
マイカーでなければ無駄に車を利用しません。
様々なことにたいしてメリットになります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0