This page:カーシェアリング > 自動車

自動車

カーシェアリングに使用する自動車の必要な条件はどんなものでしょうか。

有償にて貸出する自動車です、レンタカーと同等に必要な書類を揃えて自家用自動車有償貸渡業で国土交通省へ申請します。
装備はカーシェアリングの為に必要なIT技術に対応する装備が必要です。
カーシェアリングは無人で貸し渡しになるので会員認証カードに関する装備品や走行距離、利用時間を算出する為の機械、それら情報をセンターへ送る為の通信装置などの設置が必要です。
オプションではカーナビゲーションシステムとETCも装備します。
出来るだけ利用者の便利さを向上させている車も用意されます。
チャイルドシートの標準設置になっている様です。

元々会員が個人で使用していた車をカーシェアリング用に整備しなおして運営しているところもあるようです。
新たに車を用意する場合にはカーシェアリング用の装備が施されている車を選んだりします。
環境に配慮しているハイブリットカー、電気自動車を導入する場合もあります。
カーシェアリング専用でスズキ自動車から「MRワゴン」「エブリィ」などの受注生産の車もあります。
専用車の導入には管理センターのシステムを運用しているシーイーブイシェアリング(株)と契約して運営をする仕組みです。

いずれにせよ、カーシェアリングには小さめな車の導入が一般的なのでしょうか。
今は軽自動車でも車内も快適になっていて、広々した設計になっています。
カーシェアリングは短時間利用が最適だと思われるが、その場合はそんなに大きな車も必要ないように思います。
家族で長時間利用する場合はカーシェアリングではなくてレンタカーにすればいいことです。
なので、街中での運転には小さい車が最適です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0