This page:猫 しつけ > しつけの極意

しつけの極意

猫に対するしつけの極意とは、悪いことをしたら間髪いれずに叱るようにしましょう。例えば、テーブルの上においてある食べ物を食べようとしたときに、「コラッ!」って言葉でしっかりと怒るようにします。これを繰り返すことによって、これをすると嫌な事が起こるという認識が猫に植えつけられるようになるのです。ここで注意しなければならないのは、叩くなどの体罰はしては駄目だと言うことです。体罰だけだと、嫌悪感や恐怖心だけが残るだけなのでやめておきましょう。

子猫のしつけかたのひとつとして、指先で鼻をちょっと押してみる方法もあります。鼻先を押すという行為は、母猫が子猫をしつけるためにするサインと同じだと言われています。

また大事なのは、叱った後です。悪いことを止めた場合、褒めてあげる事が重要となります。これをやめるといいことが起きるという認識を植えつけるのです。

このことを基本として、トイレのしつけをしてみましょう。トイレのしつけというのは比較的簡単で数回トイレの場所を猫に教えてあげることができれば大丈夫だと言うことです。ただ、子猫だけではなく母猫と一緒の場合は母猫のトイレの使い方しだいで時間がかかる場合がありますので、根気よく教えるようにしましょう。

また、トイレは常に綺麗にしておくようにしましょう。猫は清潔好きであるのでトイレが汚いとストレスを感じてしまいます。トイレを設置している場所は清潔さだけでなく消臭剤を置いたりして匂いにも気をつけるようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0