This page:猫 しつけ > 猫の飼い方と病気

猫の飼い方と病気

猫って可愛いですよね。しかし猫を飼いたいけど飼いかたがいまいち分からないという方は多いと思います。猫に限っての事ではありませんが、何か動物を飼うときは飼い主としての責任と義務をよく把握して置くようにしましょう。

まず猫を飼ったら、避妊や去勢手術の事を考えなくてはいけません。する必要がなければいいのですが、そうじゃない場合は手術をしておいた方がいいでしょう。また予防接種なども受けておいたほうがいいと思います。

次に猫を飼うときのポイントですが、室内で猫を飼うときには「トイレ」「食事」「爪とぎ」のしつけをしておいた方が快適に過ごしていけるポイントだと思います。しつけは子猫の方が早く覚えてくれるので、子猫のうちに教えておいたほうが楽です。また大人の猫の場合は、時間がかかりますので根気よく覚えさせてくださいね。

猫の病気についてですが、病気で初期症状が出ない場合は、飼い主でも気づきにくいものですよね。病気じゃないのか?と気づくのは大抵嘔吐を繰り返すようになったり、下痢をするようになったりしてじゃないかと思います。少しでも「病気かな?」と思ったらすぐ動物病院に連れて行き、専門のお医者様に診てもらうようにしましょう。

猫の病気と言うのは、命に関わるものももちろんあります。特に野良猫などと接触した場合は病気にかかりやすいと言われているほどです。大切な愛猫のために、定期的に予防接種や健康診断などを受けられることをおすすめします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0