This page:猫 しつけ > 猫の問題行動に対するしつけについて

猫の問題行動に対するしつけについて

飼い主にとって困る行動を猫がしてしまうことを問題行動といいます。決して「問題行動=異常行動」と言うことではありません。例えばどういうことが問題行動かというと、テーブルや家具の上にあがったり、咬んだり、トイレ以外のところでトイレをしたり、爪をカーテンなどで磨いだりというような事です。

この問題行動を直すには根気が必要ですので、一回で直らないからと諦めないで優しく見守っていくようにしましょう。

問題行動を取るようになる原因と言うのを探ってみるのもいいかもしれません。普段から猫にとってストレスが無い環境であるかどうか、また猫が欲求不満の状態でいるときは問題行動を解決すると言うことは難しいと思います。

では、まずテーブルにあがるという問題行動の直し方ですが、猫がテーブルや家具などに上がった瞬間に「駄目!」と叱るようにしましょう。叱って猫がその場から動かなくなったら、テーブルや家具の上から下ろしてあげましょう。
この叱るということは、上がるたびに毎回叱ってあげるようにしなければなりません。飼い主の気分によって叱ったり叱らなかったりすると猫はきちんと理解してくれませんので根気よく続けるようにしてください。

次に咬み付くという問題行動ですが、猫にとっては「遊んで」というサインですので悪気はありません。ですからおもちゃなどで遊んであげるようにしましょう。甘咬み程度ならいいのですが、痛いくらいに思いっきり咬んでしまうときは、きちんと「駄目!」と叱ってあげましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0