This page:猫 しつけ > 猫のスプレー行為について

猫のスプレー行為について

猫のおしっこの臭いって本当に臭いですよね。何かの本に「猫の先祖はエジプトの砂漠で生まれた」と書いています。そのためか、猫は乾燥した環境に対応できる身体になっています。だから他の動物に比べて水分をあまり補給しなくても大丈夫なようです。

人間の身体でも体内に水分が少なくなると、おしっこの色が濃くなったりして臭いも出てきますが、猫も同じで体内の水分量が少ないために強烈な臭いを発すると言うわけです。
猫の行為の一つに「スプレー行為」というものがあり、縄張りを主張したり、メス猫に対して存在アピールをしたりする為だそうで、おしっこをオチンチンの先をジェットノズルのようにしてスプレー状に吹き付ける行為を指しています。猫の臭い臭いを吹き付けてしまう訳ですから、家の中でやられたらたまらないですよね。

このスプレー行為は去勢をすると、ほぼ行為自体しなくなるらしいですが、たまにする猫もいるようです。去勢手術の時期ですが、生後8ヶ月頃から手術を受けることが可能なようでこれより早く手術をすると病気になる恐れがありますので注意が必要となります。

しかし、他の動物と違って猫のオチンチンというのは小さいです。それが去勢によって更に小さくなるそうなので、先にゴミや尿石が詰まってしまう事もあります。それは丹念に洗ってあげるなど飼い主がしっかり見てあげることが必要となります。

これもしつけ遺憾によるものだと思うので、猫に愛情を持って接していき、うまくしつけが出来るようにしていきましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0