This page:猫 しつけ > 猫への爪とぎのしつけ

猫への爪とぎのしつけ

猫の飼い主にとって最も悩みの種なのが猫の爪とぎです。家具や柱、壁、カーテンなど家中の色々なところで爪を研いでくれちゃいます。

猫にとって爪というのは、身を守るもの、または獲物を捕まえる為にある大切な武器となっています。ですから、頻繁に爪とぎをして古い爪をはがして爪を尖らせておいたりお手入れをしたりしておく必要があるのです。そういう爪とぎの習性が猫にはあります。

猫の爪とぎと言う行為には猫のストレスを発散させたり落ち着かせたりする効果があります。また爪とぎにはマーキングの意味もあり、爪あとだけでなく、その場所に臭いをこすりつけて縄張りを主張すると言うことなのです。

以上のように、爪とぎにはさまざまな目的があります。ですから、無理やり止めさせると言うことは無理だと思います。猫自体は決して悪いことをしている訳ではないのですから・・・。

ですから、爪とぎは決められた場所でするように習慣づけるようにしましょう。猫は色々なところで爪をとぎ、研ぎ心地のよかったものを選んでそこで爪を研ぐようになります。爪を研ぐ場所に選びやすいところは爪がある程度引っかかりやすくて、表面がガサガサしていて、安定感がある高さの場所だと思います。お店に売っている爪とぎ用の商品にはカーペットタイプやダンボールタイプ、木製タイプなど色々な素材のもの、形にも立てかけタイプや横に置くタイプなどがありますので、飼っている猫の好みに合わせて満足するものを選ぶようにしてくださいね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0