This page:猫 しつけ > 猫のしつけに対する考え方

猫のしつけに対する考え方

よく犬と猫を比較して、犬は言うことを聞くのに猫は聞かないと言うことを言う人がいますがこれは大きな誤解です。猫は自分で判断する動物ですので、学習能力もあるし知能が低いわけでは決してありません。

犬と言うのは本来群れを作って生活していますので、リーダーの指示に従うと言う習性があるためにしつけやすいのですが、猫は野生時代、単独で生活を送ってきています。ですので自分の身を守るために自分で判断すると言う習性があるのです。だから誰かの指示に従うと言う必要が無いためにこういった現象が起きているのではないかと思います。猫も教えれば犬のようにお手やお座りなど出来ると思いますが、元来覚える必要が無いものですので覚えようとしないだけだと思います。

猫に対しては「しつけ」というものの「命令」という概念ではなく「提案」という考え方のほうがいいと思います。しかし、同じ家で生活していくのですからある程度のマナーと言うかしつけというのは必要です。ですから、犬と同じように人間のルールを押し付けてコントロールすると言うやり方ではなくて、猫も飼い主も快適に暮らせるようにお互いのルール作りをしてそれを守ると言うことが大切になります。
トイレをきちんと決まった場所でするようにする、爪も決まった場所で研ぐようにするなど猫に対して提案をするようにしましょう。

このようなしつけは子猫の時期から行ったほうがより効率的です、その方が早く覚えてくれます。成猫でも根気よくしつければ大丈夫ですので焦らずにゆっくり構えて取り組むようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0