This page:猫 しつけ > 動物のしつけ(猫編)

動物のしつけ(猫編)

動物を飼うとただ飼っているのでは駄目です。ある程度しつけと言うものが大事になります。ここでは猫に対するしつけのお話をご紹介してみたいと思います。

【怒る】
猫が悪いことをしたらその場ですぐに叱るようにしましょう。後で叱っても猫は何に対して怒られているのか分かりませんので注意するようにしましょう。
猫は耳が敏感なため、「コラ!」と声を出すだけで叱られているんだなと認識します。ですから、同じような悪いことをしようとしたときに声を出すだけで叱られているんだなと認識して悪い行動をしなくなります。
しかし、怒る=叩くということはしないでください。また、叱ってすぐ出来るようになったら誉めることも忘れないようにしてくださいね。

【トイレ】
トイレのしつけは子猫の時期から徹底するようにしましょう。猫にトイレの場所を教えるには、トイレのしぐさ(部屋の隅の匂いをかぎまわったり、床を引っかくような行為)をしたら、猫を驚かさないようにトイレのところに猫を連れて行くようにしましょう。
これを数回繰り返すようにすれば、そのトイレを使うことを習慣で覚えるようになります。また猫が安心してトイレができるように、トイレの中におしっこのにおいがついたティッシュなどを入れておくのもいいと思います。
また、トイレは部屋の隅など人があまり通らず、猫がリラックスして出来る場所に置くようにしましょう。トイレの場所はコロコロ変えないようにしましょう。変えてしまうと猫はどこにトイレがあるか分からなくなってしまいます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0