This page:がん保険 > がん保険「ライフサイズ ガン」2

がん保険「ライフサイズ ガン」2

前回ご紹介したアメリカンホーム保険会社の「ライフサイズ ガン」の保障内容について詳しくご説明したいと思います。

まずは胃がん、肺がん、白血病などと診断された場合についてです。
医者によって初めて、食道および胃、呼吸器および胸腔内臓器、リンパ組織、造血組織および関連組織の部位で悪性新生物と診断されたときに保障されます。
治療の完了後に2年が経過して、再度悪性新生物と診断された場合には、再度診断給付金を受け取ることができます。
そして上記であげたもの以外の悪性新生物と診断された場合も給付金を受け取ることができます。
上皮内新生物と診断された場合、そしてその治療をするための入院中に手術を受けた場合に保障されます。
がん(悪性新生物・上皮内新生物)で続けて一泊二日以上入院した場合、入院した初日から、日数に制限なく保障されます。
通算でも制限はなく保障されるので安心です。
がんの治療のために所定の手術を受けた場合、その手術の種類に応じて保障されます。
そしてがんで続けて20日間以上入院した後、退院した時に保障されます。
入院した後の1退院につき1回、保険期間中なら何回でも保障されます。
どれもうれしい保障なので安心して治療に専念することができますね。

そしてこの保険はがんとは直接関係のないことも保障されます。
事故でのけがにより、事故に遭った日から180日以内に死亡したり、後遺障害が残ったときに保障されます。
後遺障害とは、事故により身体機能や運動能力、労働能力などに支障が出てしまった時に、時間がたっても回復しないような障害が残ってしまうことです。

幅広い保障が売りの商品ですので保険料がやや高めかもしれませんが、余裕のある方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0