This page:がん保険 > がん保険についての疑問

がん保険についての疑問

がん保険の加入を検討している方でがん保険についてほとんどわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこでみなさんが疑問に思っていることをまとめてみたいと思います。

まずは、本人にがん告知しない場合はどうなるのかという疑問について説明します。
がん保険というものは、被保険者である本人が自らがんにかかったときに支払いが発生するものです。
しかし家族などが本人に対してがん告知していない場合や本人が病気にかかっているなどで告知できない状態である場合などには、被保険者本人が保険金を請求できないといった事態が発生します。
この時、同一生計の親族がひとりだけ、代理請求できる制度があるのです。
これを「指定代理請求」といいます。
被保険者の戸籍上の配偶者や、主契約である被保険者の直系血族、主契約の被保険者と生計をいっしょにしている、または主契約の被保険者と同居している主契約の被保険者の三親等内の親族のいずれかが対象となります。

次に特約からの給付金は重複して受け取れるのかという疑問についても説明したいと思います。
これは当然ながら、特約からの給付金を重複して受け取ることが可能です。
しかし、もしも複数の保険商品に同時に加入している場合は、保障額に制限が加わる場合があるようなので注意が必要ですね。

保険に関しては一から調べてみないとわからないことが多いと思います。
わからないまま契約してはなんの意味もありません。
まずはご自分でイメージして、それにぴったりのがん保険を見つけてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0