This page:がん保険 > がん保険の単独加入

がん保険の単独加入

がん保険について調べていると、単独加入が良いということを知りました。
ではなぜ単独加入が良いのでしょうか。
今回はその単独加入について説明したいと思います。

保険の商品によっては、「家族加入」ができる商品もあり、主な被保険者と従たる被保険者を設定して入るというもので、「家族特約」とは異なるものです。
家族型というものはひとりひとりが加入するよりも料金が安くなっていますが、夫が主たる被保険者である場合は従たる被保険者の妻子は夫の保障金額の6割程度の保障額しか設定できないというものが多いのです。
家族型は子供の多い家庭にはお得なタイプです。
子供が少なくて家族型で加入したいと考えている方は、主たる被保険者が死亡したり高度障害の場合の保険がどうなるかを確認してからにしましょう。

そして「家族特約」の場合、主の契約者が死亡すると消滅しますが、家族型というのは保険会社によって扱いが違います。
保険が消滅してしまうと、妻が病気で他の保険の加入が困難なときに困ってしまいます。
中には保険料が免除され契約が続くものもありますが、保険料はその分高くなってしまいます。
しかし最近では妻子の給付割合が8割程度まで拡大した保険会社もあり、選択肢は増えてきているようです。
これを選べば問題はなさそうですね。

他にも家族型で加入して離婚してしまった場合や被保険者が亡くなった場合、ご自身が被保険者でなければ現在の年齢の保険料で一から加入する必要があります。
加入時点の健康状態が悪ければ、保険に入りたくても入れない場合もあるのです。
長い人生何が起こるかわからないので、やはり健康なうちに単独加入するのがいいのではないでしょうか。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0