This page:がん保険 > がん保険での給付金の種類2

がん保険での給付金の種類2

がん保険で主に支払われる給付金というと「がん診断給付金」、「がん入院給付金」、「がん手術給付金」です。
上の3つは大体どこの保険会社も同じように支払われますが、保険会社や商品によって受け取ることのできる給付金もあります。
今回は様々な給付金について詳しく説明したいと思います。

まずは「がん通院給付金」です。
がんで一定期間入院した後、通院すると支払われます。
保険によって1回の通院に対しての限度日数が違ったり、保険期間中の通算の限度日数が違ったりします。
通常は日額5000円から15000円程度です。
次に「がん死亡給付金」です。
これはがんで死亡した場合にご家族に支払われるものです。
がん保険ではがんで死亡した場合に支払われない場合が多く、支払われたとしても10万円から200万円程度となっていて、死亡保険に比べるととても低くなっています。
これはがんが治る病気になってきたためですね。
次に「がん退院給付金」です。
がんで一定期間入院したのち退院した場合に、一時金として給付されるものです。
通常は7万円から30万円程度です。
次に「先進医療給付金」です。
健康保険が適用されない高度な治療に対して、その時行った治療の種類によって給付金が支払われます。
技術料によって異なりますが、6万円から140万円程度です。
次に「がん在宅療養給付金」です。
これはがんで一定期間入院したのちに在宅療養される方に支払われます。
20万円程度です。
そして「ガン・ターミナルケア保険金」です。
がんにより余命半年以内と宣告された場合に受け取ることができる保険金です。
100万円程度になります。

月々支払う保険料によって給付される金額に差があるので、加入の際は家計の負担にならない程度によく考えてみてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0