This page:脂肪吸引 > 脂肪吸引の歴史

脂肪吸引の歴史

脂肪吸引の歴史と言うのは比較的浅く、始まりは1980年頃だそうです。
医師はフランスのイルーズという人でカニューラという吸引法を用いたそうです。

当時は今ほどの技術がもちろん無いために、脂肪の吸引量も分からなくて、吸引量が足りないために思うようなスタイルにならなかったり、出血量もすごくて輸血が必要だったりなんていう状況だったようです。色々模索していたのではないでしょうか。

しかし、現在では技術や器具が高度に発展したため、高度な効果はもちろん安全性も高くなってきています。

その上当時はただ脂肪を吸引するということだったかもしれませんが、吸引することでよりよいボディラインが生まれるよう吸引技術にも彫刻アートのような芸術性が期待できると思います。

しかし、この効果をあげるには確かな技術が必要となってくるために成功の鍵は医師が握っていると言ってもいいかもしれません。

近年の脂肪吸引における進歩は著しいものがあります。
吸引管の工夫や開発、医師の技術の進歩、医療機器の進歩などより安全性を高めていっているかもしれません。

しかし、これだけ進歩しているにも関わらず知識も技術も足りない「専門医」がいるのも事実なのです。

このように技術も知識も足りない医師に施術されると、失敗する可能性も高くなります。近年の失敗の大半は医師の技術不足によるものだと言われています。
失敗すると脂肪が変に除去されたり、思うようなスタイルにならなかったり、最悪は人体にまで悪影響を及ぼす場合があるのです。

こういう失敗をしないよう、医師側の技術向上はもちろん、患者側の見極め力も重要になってきます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0