This page:ゴルフスイング

ゴルフスイングの基本その1

ゴルフスイングはアドレスから始まります。
正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングにつながっていきません。

ゴルフが上手くなりたいのであれば、ゴルフ上達法でしっかり学びましょう。

アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。
右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。
また、バックスイング時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです。

自分の体重は親指の付け根にかけましょう。
そして、肩のラインは地面に対して平行にします。
しかし、右手のほうが左手よりもクラブの下を持つので、その分右肩は下がってきます。

両腕はリラックスさせ、肩の力を抜くことが大切です。
左右のつま先はスクエアに構えることが基本ですが、右足のつま先は15度くらい開いてもいいようです。

バックスイングのきっかけが上手につかめない人は「チンバック」してもいいでしょう。
「チンバック」とはバックスイングの始動時に自分のあごを右側に向けることです。
上体を上手にひねることのできない人は、チンバックをきっかけに左肩をスムーズに入れることもできます。

バックスイング時はクラブのグリップエンドが「へそ」を指すようにします。
身体の回転のみでテークバックできていれば、グリップエンドは「へそ」を指しているはずです。
腕や手首のコックを利用してバックスイングを行うと、グリップエンドの位置がずれてきます。

バックスイングでクラブシャフトが地面と平行になった時に、右ひじが曲がり始めます。

ゴルフ上達法

スタートホールではその日のゴルフを占うものですから、大変緊張するものです。 スタートホールを無事に乗り切ってリズムを作りたいものです。 そのように思えば思うほどゴルフスイングに力が入ってしまい、よい結果につながりません。 それでは、どのような点に注意してゴルフスイングを行えばいいのでしょうか。 スタ…
練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまうという人は多いようです。 練習場ではマットが置いてあることがほとんどです。 このマットの上ではクラブのヘッドは滑ります。 そのため、マットの上でゴルフスイングをすれば多少ボールの手前にヘッドが入ってしまってもボールはまっすぐに…
ゴルフ練習場によっては、かごにボールを入れるところもあります。 このような練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイングの練習をしてみましょう。 かごの上に足を乗せてゴルフスイングをすることにより、スイングの軌道を修正することができるのです。 右足をかごに乗せたら両肩のラインも足の高さ…
アプローチといっても、通常のゴルフスイングと同様で身体の回転でボールを打ちます。 初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、手先だけでクラブを振ってしまいます。 距離の短いゴルフスイングでも通常のスイングの弧を小さくしたものと考えたほうがいいようです。 身体も回転するし、体重移動も必要となってきます…
ショートアプローチのゴルフスイングが苦手である人は、多くの場合力の入った構えになっています。 このように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎにあります。 左手を被せ過ぎて握ると、左腕がまっすぐに伸びてしまい、それにつられて右腕も伸びてしまうのです。 その結果、腕と肩が三角形になり、柔らか…
グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。 しかし、ボールを転がすだけのゴルフスイングがなかなか上手にできません。 「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。 このようなゴルフスイングの原因はどこにあるのでしょうか。 まず、グリッ…
5番アイアンではリラックスしてアドレスできるが、4番アイアンを持つと途端に力んだアドレスをしてしまう人がいます。 このような人はスイングでも同じように力の入ったゴルフスイングをしています。 力の入ったゴルフスイングでは右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまいます。 このようなゴルフスイングではロン…
ゴルフ初心者の好きなアイアンは何番でしょうか。 多くの人は5番アイアンか7番アイアンと答えるといいます。 なぜなら、ゴルフスイングを覚えるために、5番か7番で練習するからです。 しかし4番アイアンになると、途端にゴルフスイングが難しく感じてしまいます。 4番と5番の間にはシャフトの長さが0.5インチ…
バンカーでのゴルフスイングでは、なるべく下半身を使用しないことが大切であると言われています。 右足に体重をかけすぎた場合、テークバック時に身体が右側に流されてしまいます。 その結果、インパクト時にクラブヘッドがボールの手前に入ってしまい、「ザックリ」ということになってしまうのです。 バンカーでのゴル…
バンカーでのゴルフスイングといえば、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人は多いようです。 しかし、バンカーショットの基本も他のゴルフスイングと同様にスクエアフェースとスクエアスタンスにあります。 フェースとボールの位置はどうでしょうか。 フェースは目標に対してスクエアにしましょう…
バンカーショットでのゴルフスイングで忘れてはならないのが、ボールを直接打つということではなく、砂を打つという意識を持つことです。 砂をどの方向に、どの角度で飛ばすかということが大切になってくるのです。 バンカーでのゴルフスイングでは、サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、ソ…
ドライバーを打とうとする時、強いアゲインストの風が吹いていたとします。 あまり高いボールを打つと、風の影響を受けてしまい飛距離が落ちてしまいます。 低い弾道のホールを打てば、風の影響は少なくなりますので、できるだけ低い弾道になるようにゴルフスイングをしたいものです。 ゴルフスイングにおいて低い弾道の…
高さがずれないようにするためには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させることが大切です。 ゴルフスイングにおける上下のずれには大きく分けて2種類あると言われています。 ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまう「ずれ」…
ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのゴルフスイングの練習をしましょう。 ミドルアイアンのゴルフスイングを身につければ、番手どおりの飛距離、ロフト角どおりの球筋が得られるようになります。 ミドルアイアンでグリーンを狙えるようになれば、ゴルフがますます面白くなると言わ…
ゴルフ練習場ではゴルフスイングを練習します。 ゴルフ練習場によっては練習グリーンを備えている場所もあります。 ドラーバーもゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの1つとしてとらえ、たまには練習してみましょう。 ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を…
ゴルフ場ではゴルフスイングをした回数を数えていきます。 つまりゴルフスイングをした回数が少なければ少ないほど上手である、ということです。 この時には打数を数えていくことになりますが、ドライバーも1打として数えますし、パットも1打として数えます。 ゴルフのスコアを良くするためにはパット数も減らさなくて…
ゴルフスイングの大きな悩みのひとつは飛距離が出ないことでしょう。 飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフスイングにおける上体の伸び上がりであると言われています。 トップの上体で身体が伸び上がってしまうと、力を蓄えることができないために、飛距離が出なくなってしまうのです。 アドレスからバック…
ゴルフスイングのセオリーとして、両腕でできる三角形の形を維持しながらテークバックする、ということが言われています。 ゴルフ初心者の中には、ゴルフスイングをする際にその事ばかりを気にしてしまい、トップの形をおかしなものにしている人がいます。 腕の形を三角形に保ったまま、カチカチに固めたままバックスイン…
ゴルフスイング時には「ボールから目を離してはいけない」とよく言われます。 ゴルフスイングはアドレスからまり、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクトと続いていきますが、ボールから目を離すな、と言われているのです。 ボールを目から離さないということを変に解釈している人も多くいます。 ボールを見…
ドライバーの練習をこまめに行っているにも関わらず、なかなか飛距離が出ないのであれば、ゴルフスイングにおけるトップの形を考えてみてください。 上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりゴルフスイングの頂点での形が重要になってきます。 トップの上体で右腰がスウェイしていませんか。…
ゴルフスイングにおける上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。 ゴルフスイングを始める前に、まず上体をリラックスさせましょう。 両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。 そしてクラブヘッドを低く引いていくのです。 …
多くのゴフファーには「苦手なクラブ」というものがあります。 スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないという人は多くいます。 どこに原因があるのでしょうか。 クラブによってゴルフスイングのリズムが変わってしまっていることも原因に1つであるといわれています…
身体をねじってパワーを蓄積し、そのパワーを無理なく効率的にボールに伝える必要があります。 そのようなゴルフスイングを行うには、身体を上手に回転させる必要があります。 スムーズなゴルフスイングを行うためには腰、両肩を上手に回転させなければなりませんが、もう1つ大切なものは「頭の回転」です。 アドレスか…
飛んで曲がらないボールを打ちたいというのが、多くのゴルファーの願いです。 ゴルフスイングにおいて、正確かつパワフルにボールを打つためのコツは沢山あるようですが、腰の使い方もその1つです。 高速で腰を回転させながらゴルフスイングを行うと、飛距離が出て曲がらないボールになると言われています。 ダウンスイ…
ゴルフスイングのアドレスからテークバック、トップからダウンスイング、インパクトにかけて絶えず親指の付け根に体重をかけるためには「ヒールアップ」を意識してみましょう。 ゴルフスイングにおけるヒールアップはどのように行えばいいのでしょうか。 テークバックで左足かかとを上げるだけでは左ひざが前に出てしまい…
トップで左肩が落ちる、ダウンスイングで右ひざが前にでてしまう、右腰が水平移動してしまう、ゴルフスイングには様々な悩みがあります。 多くの原因が考えられますが、体重移動が上手にできていないことも原因のひとつであるといわれています。 体重は「親指の付け根部分」で支えるようにしましょう。 アドレスからイン…
ゴルフスイングのインパクトの瞬間は、右ひざがアドレスの時よりも前に出ているか確認してみましょう。 左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じになっているでしょうか。 そして腰の角度は地面と平行であることが必要です。 左ひざが打球方向に流れてしまったり、上体が伸び上がってしまったりする…
ゴルフスイングのバックスイングにおいて左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認してみましょう。 左親指側のコックが不足している場合などは、90度にはなりません。 左親指側のコックがきちんとされている場合は、クラブのシャフトが地面に対して垂直になります。 その結果、…
ゴルフスイングはアドレスから始まります。 正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングにつながっていきません。 ゴルフが上手くなりたいのであれば、ゴルフ上達法でしっかり学びましょう。 アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。 右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや…

edit

 

cms agent template0037/0038 ver1.0