This page:ゴルフスイング > クリーン上でのゴルフスイングその2

クリーン上でのゴルフスイングその2

ゴルフ練習場ではゴルフスイングを練習します。
ゴルフ練習場によっては練習グリーンを備えている場所もあります。
ドラーバーもゴルフスイングですが、パットもゴルフスイングの1つとしてとらえ、たまには練習してみましょう。

ゴルフ場のコースには必ず練習グリーンが用意されていますので、コースに出る前に距離感を確認することが大切です。
距離感をつかむためには最初に10メートル、5メートルを打つための振り幅を確認しましょう。
平地での距離感をつかんでしまえば、上りのパッティングであれば「振り幅」を大きくし、下りのパッティングであれば「振り幅」を小さくすればよいのです。
仕上げには1メートルのショットを30センチほどオーバーさせる練習が効果的であるといわれています。
いつもショートしてしまう人は、1メートルのショットを1メートルオーバーさせる練習をしましょう。
この練習をしておけば、本番ではちょうど30センチオーバーのパッティングができるはずです。

バックスイングとフォロースイングの大きさやスピードが異なっているのは、ストロークが安定していないからです。
同じ振り幅で打っているつもりでも、距離は安定しません。
ストロークを安定させるためには、フォローを意識せず、インパクトの瞬間に手とヘッドをアドレスの位置に戻すことを強く心がけましょう。
バックスイングとフォロースイングのスピードを同じにするためには、ヘッドの重さだけで打つような意識を持つことが重要です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0