This page:ゴルフスイング > アプローチのゴルフスイングを練習するその3

アプローチのゴルフスイングを練習するその3

練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまうという人は多いようです。
練習場ではマットが置いてあることがほとんどです。
このマットの上ではクラブのヘッドは滑ります。
そのため、マットの上でゴルフスイングをすれば多少ボールの手前にヘッドが入ってしまってもボールはまっすぐに飛んでしまうのです。
まっすぐに飛んでいるので「ナイスショット」と考えていたら大きな間違いです。
ボールをクリーンに打つことは非常に難しいことで、練習場でも同じことです。

ダフリが多い人はどのようなゴルフスイングの練習をすればいいのでしょうか。
ボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょう。
ティーアップされたボールを5番アイアンから7番アイアンで打つのです。
ボールをクリーンに打たないとクラブヘッドにティーが当たった鈍い音がするはずです。
ボールの弾道もフェースの上部に当たれば「ふわっ」と浮き上がるだけで、飛距離は出ません。

ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえてきません。
また、ボールの弾道は大変力強いものになるはずです。
この練習を繰り返し、正しいトップの入れ方を学んで「ダフリ」の解消を目指しましょう。

ただし、練習場によってはティーアップされたボールをアイアンで打つことを禁止しているところもありますので、気をつけましょう。
ゴム製のティーが切れてしまうからです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0