This page:バストアップ・豊胸の方法 > バストアップの方法と豊胸手術

バストアップの方法と豊胸手術

現代、女性のファッションはスタイルが強調されるものが増え、テレビや雑誌ではバストの大きな女性タレントが持てはやされる時代になりました。
女性は豊かなバストに憧れ、バストにコンプレックスを持つ女性も少なくありません。

バストアップする方法は数多くありますが、豊胸手術もその一つです。

かつて豊胸手術といえば胸を切開するおおがかりな手術をイメージし、安全面でも不安な要素が多くありました。
近年では豊胸手術の技術は進歩し、日帰り手術で傷もほとんど残らず、安全な手術が可能になっています。

豊胸手術にはいくつかの種類がありますが、大きく分けるとバッグ挿入法と、脂肪注入法があります。

バッグ挿入法とは、バッグといわれる人口乳腺をバストに挿入する方法です。
バッグは生理食塩水バッグ、シリコンジェルバッグ、ハイドロジェルバッグなど近年種類も増えています。
それぞれ感触や耐久性、仕上がりに特徴があり、安全性も異なります。

脂肪注入法はお腹や太ももなどバスト以外の脂肪を吸引し、バストに注入する方法です。
自分の不要な脂肪を使って豊胸できるということで一時注目を集めました。
しかし注入できる脂肪の量が限られ、注入した脂肪のすべてがバストになるのではなく、個人差もあり、大幅なバストアップには向いていません。

豊胸手術はバストアップの方法として確実であり、即効性のある方法ですが、いずれの手術も仕上がりが本人の希望に沿わない場合があるようです。

手術前のカウンセリングを十分に行い、手術のリスクや術後のケアまで視野に入れ、慎重に手術を考えることが大切です。

バストアップ方法

 

cms agent template0037/0038 ver1.0