This page:バストアップ・豊胸の方法 > バストアップ・豊胸の方法に大胸筋が効果的

バストアップ・豊胸の方法に大胸筋が効果的

バストアップには大胸筋を鍛えることが効果的です。

バストは9割の脂肪組織と1割の乳腺組織から成っていますが、そのバストの重みを支えているものが大胸筋です。

大胸筋はバスト上部の筋肉で、この筋肉が衰えると張りがなくなったり、下垂したり、形が悪くなったりします。
また大胸筋と連動している腹筋や二の腕の筋肉もたるんできます。

大胸筋がしっかり機能していれば、バストを持ち上げ、豊かで張りのあるバストに保つことができ、また腹筋や二の腕の筋肉も引き締まります。

バストの小さい人だけではなく、バストが大きい人にとっても大胸筋は重要です。
バストの大きい人は特に年齢とともにバストが下垂しやすいため、大胸筋を鍛えることで下垂を防ぐことができます。

大胸筋は体操やエクササイズである程度鍛えることができ、大胸筋を鍛えるさまざまな運動がバストアップの方法として考え出されています。

腕立て伏せは大胸筋を鍛える運動として代表的なものです。
またダンベルなど重たいものをもって腕を屈伸する運動もバストアップに効果的です。

ただし大胸筋を鍛えすぎるとバストアップどころか、筋肉が硬くなってしまうので注意が必要です。

マッサージによって大胸筋の血行をよくする大胸筋マッサージもバストアップの方法の一つです。
お風呂上りなど体が温まった時に行うとより効果が高まります。

近年では美容外科による豊胸手術の技術の進歩し、大胸筋を鍛える代わりに大胸筋の下にシリコンを挿入するなどの方法もあります。

バストアップ方法

 

cms agent template0037/0038 ver1.0