This page:バストアップ・豊胸の方法 > バストアップ・豊胸の方法と女性ホルモンの関係

バストアップ・豊胸の方法と女性ホルモンの関係

豊かなバストは多くの女性の憧れですが、バストの大きさには個人差がありコンプレックスを持つ女性も少なくありません。

バストの大きさは女性ホルモンと深い関わりがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、この2つがバランスを保ちながら分泌されています。

エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンで卵胞ホルモンとも呼ばれています。
子宮で受精卵を受け入れる準備をしたり、女性らしい体を作ったり、肌の新陳代謝を高める働きがあります。

プロゲステロンは腎臓や卵巣でつくられる女性ホルモンで、黄体ホルモンと呼ばれています。
エストロゲンの働きを補い、月経周期の維持や出産準備の機能を整えます。

女性ホルモンの分泌は20代から30代でピークを迎え、その後は年齢とともに減少し、50歳頃からは急激に減少していきます。

思春期から成長期にかけてこの女性ホルモンが多く分泌されると体に脂肪が多くつき、バストも大きくなります。

反対にこの時期にスポーツなどによる過剰なエネルギー消費や精神的ストレス、過激なダイエットなどによって女性ホルモンの分泌が減少すると、バストの発育にも影響を及ぼします。

バストアップ方法には女性ホルモンの分泌を促進することが有効だと考えられます。
これまでもバストアップする方法として注射器による女性ホルモンの摂取が行われてきました。
しかし近年では子宮がんのリスクなども明らかになっており、バストアップの方法としては不向きと言われています。

近年、女性ホルモンの分泌や働きを促すサプリメントが多く販売され、バストアップの手軽な方法として多くの女性に利用されています。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0