This page:ユーザー車検 > ユーザー車検の短所

ユーザー車検の短所

ユーザー車検の短所となる所をあげると、ユーザー車検にかかる時間と手間が必須になることです。
点検・整備などは自動車に多少なりとも知識に詳しい方であれば、大体1日あれば済んでしまうでしょう。
さらには、ユーザー車検の当日でも、はやければ2時間もあれば、そのほとんどが終わってしまいます。
しかし、初心者で慣れていない人では、点検・整備やユーザー車検当日も、それ以上に時間がかかるものだと考えられます。
日々、通常仕事に従事している人には、たった1日でも休日というのはとても大切なものだと思います。
間違いなく経費は低くおさえられますが、大切な休日をつぶしてまで、ユーザー車検をするだけの価値があるのかという事です。
また、ディーラーなどでは日曜日や週末などの休みの日でも車検代行の依頼が可能になりますが、ユーザー車検のように自分で検査場に持っていってお願いする場合は、平日のみしか出来ません。
会社員のように、平日は会社勤めをされている方は、わざわざ会社の休みを取って時間を作らないといけません。
もちろん、有給を利用してユーザー車検にのぞめば問題ないと思いますが、やはり休みをとる必要があります。
最後となりますが、個人的にはユーザー車検は自分の車に対する安全意識が高まる事が長所だとおもっていますが、反対の観点から見るとユーザー車検が不安を与えかねません。
自分自身でユーザー車検に望んで、合格したのはいいものの、実際に本当に問題ないのかと不安を抱く人もいるかもしれません。
知識を持つプロに点検・整備してもらったほうが安心だと考え、プロに依頼すれば経費を低くおさえた意味はなくなってしまいます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0