This page:ユーザー車検 > 必要書類

必要書類

ユーザー車検を受験するときは、8種類の書類作成が必須となります。
必要書類は日常的に自動車にのせておく必要がある車検証の他に、購入しなければならない申請書などがあります。

・自動車検査証 /車検証
車検証は日常的に自必ず車の中にのせておかなければならないものです。

・自動車損害賠償責任保険証明書 自賠責保険
自賠責保険証書は新規で交付される車検証のリミットを超えるような契約が必須なので、ユーザー車検までに新しく2年間の契約をします。
ユーザー車検を受験するときには、現在の契約の証書とこれからの契約の証書の2枚を準備します。

・自動車税納税証明書
この証明書は自動車税の払い込みをした際に受け取り、車検証と共に保管しておくものです。
もしも紛失してしまったときは、自動車税事務所などで再度発行してもらうようにお願いしましょう。

・リサイクル料金等預託証明 /リサイクル券
リサイクル料の払い込みを終了していることの証明となりますので、車検証と共に保管しておく必要があります。
2005年よりも後に自動車を購入された人は既に持っていると思いますが、2005年よりも前に自動車を購入して、リサイクル料金の払い込みをされていない人は、ユーザー車検当日に発券、払い込みをする事も可能です。

・自動車検査表
検査手数料分の収入印紙を貼り付けて、ライン検査をする際に、それぞれの検査のOKとNGを印していきます。

・継続検査申請書
継続検査申請書とは、ユーザー車検のときに、車検証を発行する為に重要なOCR用紙です。
車検当日に用意できなければ、かまわないそうですが、必ずあった方がいいでしょう。

・自動車重量税納付書
重量税納付書に記入し、重量税分の収入印紙を貼り付けて、税金を納めます。

・点検整備記録簿
定期点検整備記録簿とは、法律で定められている2年点検や1年点検などの法定点検を実施した内容を残す為の用紙です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0