This page:ユーザー車検 > 予備車検

予備車検

予備車検とは、車検場と同じようなブレーキ・サイドスリップ・スピード・ライト・排ガスの検査ができる施設をもつ工場で、前もって点検と整備を実施することです。
これは車検時に使用する記録簿の「テスター」に該当する検査項目です。
これらの点検は特別な機械が必要で、一般の人が点検する事は大変困難なので、ぜひ予備車検を利用した方がスムーズに進むと思います。
特に、ユーザー車検の時は、サイドスリップ検査とライトの光軸検査は、もっとも不合格になりやすい項目なのです。
前もって予備車検によって点検・整備してもらっておけば、たとえそのとき不合格であっても、その場で合格になるように整備・調整をしてもらう事が可能となります。
もしも予備車検を受けるときには、予備車検を受ける前に、タイヤの空気の圧力は正常な圧力に調整しておいてください。
サイドスリップを点検し、調整した後にタイヤの空気圧を調整してしまうと、サイドスリップが弱冠変わってくる可能性があります。
さらに、排ガスの検査をしたときの検査結果は「公害発散防止装置」などの点検や、触媒装置の検査結果ともなります。
このときの点検結果は、点検整備記録簿の二酸化炭素、炭化水素濃度のところに記入をしてください。
予備車検はユーザー車検の日に実施しても問題ありませんが、実は予備車検を受ける人も多くいます。
そのときは、ユーザー車検を予約している時間からたっぷり余裕をもって、予約の時間に間に合うようにしてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0