This page:ユーザー車検 > 予備車検の準備

予備車検の準備

自動車の足回りやタイヤ・ホイール周辺は、地面と近いために泥をはねたりしますのでかなり汚れている箇所です。
ユーザー車検の検査場では、足回りの点検・検査は検査員が実施します。
当然、ただ単純に汚れているという理由だけで合格が不合格にされるわけではありませんが、汚れを落としながら検査してくれるわけでもありません。
汚れの度合いが大きい事により、オイル漏れの状態や取り付けの程度など、正しい判断ができないのに、正しい合格の判断を出してくれるとも思いません。
たとえば検査員があなたで、あなたが自動車の下に入り込み、足回りを点検・検査する事を考えてください。
検査をしている時に、自動車の足回りのところから泥や砂が落ちてくるのは、気分がいいものではありません。
正しい判断をしてもらう為にも、検査をしてもらう人の事も考慮し、ユーザー車検を受ける前には必ず下回りやホイール周辺を、コイン洗車場などの洗浄機でキレイに洗うようにしてください。

※予備車検はどの専門の整備工場でも実施しているわけではありませんが、ユーザー車検の検査場の近くの整備工場で実施しているときが多くあります。
もしユーザー車検場を前もって見学する場合、近くの整備工場で聞いてみてください。
また、ウェブ検索で検索できる整備工場もありますので、一度調査してみるのもいいでしょう。
予備車検にかかるお金ですが、整備工場により差がありますが、3,000円?5,000円程度で受けられると思います。

予備車検を受けるときには、予備車検を受ける人が意外と多いですので受験の予約の時間から十分に余裕をもって、予約の時間に間に合うようにしてください。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0