This page:ユーザー車検 > ライトの点検方法

ライトの点検方法

ユーザー車検を受ける前の点検の一つとして、ライトの点検を説明します。
スモールライトを点灯させ、フロントの左右とバックのテールランプが間違いなく点灯しているかチェックします。
ヘッド・ライトを点灯させ、フロントの左右が暗くても見えるようになるかチェックします。
この時に、バックのナンバーの電球が点灯しているかもチェックしてください。
センターに一つの電球のケースと、二つの球が左右についているケースがあります。
フォグランプが全て点灯しているかをチェックしてください。
ヘッド・ライトをアップにして付けます。
右ハンドルの車はややライト気味に、左ハンドルの車はレフト気味に強くライトが向くようになっています。
歩行者の安全のために、強く光を当てないように設計されているからだと言われています。

注意点
もし、前回車検を受けた時から今回の車検までに後ろからぶつかられる事故を経験していたり、前方部分のバンパーの修理をしたりしている車であることが判明している場合は、修理のプロセスの中でライトの向きがずれていることがあり、受験コースのライト廻りのテスターで判定NGが出る場合があります。
この対策は難しいですので、心配な方は車検場の受験コースに入る前に、前もって専門の人(ディーラーやカーショップ)にて点検してもらうことをお薦めします。

方向指示器を“右”に点滅させ、フロントとバックからチェックします。
方向指示器を“左”に点滅させ、フロントとバックからチェックします。
ハザード(三角マーク)を点滅させ、フロントとバックからチェックします。
ブレーキをかけて、シフトレバーRに切り替え、バックからバックランプがついているかチェックします。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0