This page:肌 トラブル > 主婦湿疹の治療と対策

主婦湿疹の治療と対策

20代頃から始まり、主に女性の利き手の指を中心にみられる肌のトラブルを、「主婦湿疹」あるいは、「進行性指掌角皮症(しんこうせいしょうかくひしょう)」と呼びます。過度の水仕事や外的刺激などによって、利き手の指の背面、側面に湿疹が生じます。

肌トラブルを起こしているのが、手指に限られ、特に利き手側に湿疹が出やすいこと、水仕事によって、また冬になると悪化することが、特徴であり、診断の目安とされます。パッチテストで何らかの接触原が特定された場合は、接触性皮膚炎と診断されます。

治療
乾燥型と湿潤型にわけられ、乾燥型の場合は、5パーセントサリチル酸ワセリン、尿素軟膏、ハンドクリームが用いられます。
炎症症状がみられる湿潤型や症状の強い場合は、副腎皮質ホルモン薬(ステロイド薬)を外用します。亀裂がみられる場合は、テープ剤で副腎皮質ホルモン薬を含んだものを貼る方法がとられることもあります。

主婦の方々にとって水仕事は避けられないものです。しかし一般に水仕事などの外的刺激は、症状を悪化させ、皮膚の乾燥する冬になると亀裂が生じて家事ができなくなってしまいます。洗剤の使用濃度に注意し、ゴム手袋を使用するようにします。調理後にはしっかりと手を洗い、ハンドクリームをつけることを習慣化します。
薬剤をつける場合も、すりこんで刺激を与えることのないようにします。トラブルが起きている部分だけにつけるようにします。また、水仕事以外でも裁縫などは布地が刺激となって肌トラブルの原因となることがあるので注意します。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0