This page:肌 トラブル > 蕁麻疹の治療

蕁麻疹の治療

かゆみを伴った局部的な皮膚の浮腫(むくみ)と紅斑が生じ、短時間で、しかも跡を残さずに消えるのが特徴の肌トラブルが生じた場合、蕁麻疹(じんましん)の疑いがあります。蕁麻疹は、繰り返し起こることが多く、アレルギー性、非アレルギー性のいずれの原因も考えられます。

蕁麻疹と判断された場合の治療法は、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬の内服が一般的です。通常、外用薬は用いません。なぜなら塗り薬をすり込もうとすると、それ自体がかえって皮膚に機械的な刺激を与え、わずかに盛り上がった赤い腫れ(膨疹)を消えにくくさせてしまうからです。
また、蕁麻疹が1ヶ月以上にわたって出たり消えたりを繰り返す場合(慢性蕁麻疹)、一定期間、薬の内服を続けたあと、徐々に薬を減らしていく治療がとられます。

蕁麻疹の場合の生活上の注意点
薬剤や食物、光線、接触など、原因や誘因が明らかな場合は、それを避けるように生活を工夫することも重要な予防策となります。
蕁麻疹が繰り返される場合は皮膚をひっかいたり、摩擦などの機械的刺激や飲酒といった皮膚の血管を拡張させることは避けるようにします。長風呂もお勧めできません。食べ物では、刺激の強い香辛料を避け、消化のよいものを食べるようにしましょう。
蕁麻疹が生じやすい皮膚の場合、ひっかくとすぐにみみず腫れの膨疹が生じます。これを人工蕁麻疹といいます。
ストレスや不規則な生活も蕁麻疹を助長します。睡眠を充分にとって規則正しい生活を送るようにしましょう。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0