This page:肌 トラブル > かぶれ

かぶれ

接触性皮膚炎(せっしょくせいひふえん)、すなわち「かぶれ」とは、外からのいろいろな物質が皮膚に作用して、その物質に対して皮膚が敏感に反応するようになると、次にその同じ物質が皮膚に接触して作用したときに、アレルギー反応を起こし、その部分に湿疹が出て、肌にトラブルが生じた状態をいいます。この原因となる外的な物質を「接触抗原(せっしょくこうげん)」と呼びます。

接触抗原には、皮膚に触れるものなら何でもその可能性があります。化粧品、衣類、医薬品、金属、動物や植物、工業製品、生活上のものすべてです。

接触性皮膚炎(かぶれ)が起きやすい部位と、その原因(アレルギーのもとである接触原)

●頭皮?おでこ・・・毛髪用化粧品、パーマネント液、毛染料、帽子の内側の革
●耳・・・イヤリングやピアスの素材(金属、プラスチック)、めがねのつる、化粧品、香水
●顔・・・化粧品、外用薬、花粉などの植物
●首・・・衣料品、ネックレスなどの装身具、香水
●わき?胸・・・衣料品、デオラント、ブラジャーのゴムや留め金
●身体全体・・・衣料品、洗濯用合成洗剤、入浴剤、化粧品やクリームなど、外用薬、衣服のファスナー
●陰部・・・生理用品、避妊用品、衣類
●足・・・靴、靴下、外用薬
●手・・・手に触れるものすべて

診断と治療
疑わしい接触原を調べるために皮膚貼付試験(パッチテスト)を行います。治療は、一般に副腎皮質ホルモン薬の外用と抗ヒスタミン薬の内服を行います。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0