This page:肌 トラブル > 発疹の種類

発疹の種類

肌トラブルとは、皮膚に何らかの変化が生じた状態と定義できます。多くは目に見える変化で、発疹(ほっしん)あるいは皮疹(ひしん)と呼ばれます。

この発疹が身体のどの部分に、どのように分布しているか、その配列や形およびかゆみの有無などの症状から、病気が診断されます。

発疹にはさまざまな種類があります:

●斑(はん)・・・皮膚面よりも盛り上がらないもので、色調の変化が中心となる皮膚の状態です。赤くなるもの、青くなるもの、白くなるものなどがあります。紫になるものを紫斑(しはん)と呼びます。

●丘疹(きゅうしん)・・・皮膚面よりもほぼ半球状に盛り上がっています。直径1センチメートル程度までのもの。

●結節(けっせつ)、腫瘍(しゅよう)、腫瘤(しゅりゅう)・・・丘疹の大きなものと考えていいでしょう。直径1センチメートル以上のものです。

●局面(きょくめん)・・・皮膚面よりもほぼ平らに盛り上がって皮膚病変。

●水泡(すいほう)・・・皮膚のなかに液体がたまった状態です。

●膿胞(のうほう)・・・黄色のにごった物質、いわゆる膿(うみ)がたまった状態です。

●びらん・・・皮膚の一部あるいはすべてが失われ、赤くただれた状態です。

●潰瘍(かいよう)・・・皮膚の欠損が真皮まで達した状態で跡が残ります。

●鱗屑(りんせつ)・・・角質が白くふけのようになって目に見えます。

●か皮(かひ)・・・血液成分が皮膚の表面に固着したもので、一般にいう「かさぶた」です。

●亀裂(きれつ)・・・皮膚が切れて、割れ目ができた状態です。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0