This page:肌 トラブル > 天然の保湿成分

天然の保湿成分

スキンケアの基本は、まず何よりも「洗浄」です。つまり肌にとって不要なもの、「汚れ」をしっかりと落とすことです。それによって肌トラブルの多くが解消されることもあるほど、これは大切なことです。しかし、この「肌にとって不要なもの」という定義は、実は難しいのです。洗浄をしっかりしよう、と思うあまり、「肌にとって必要なもの」までいっしょに洗い落としてしまっている可能性があります。

たとえば、洗顔後に肌がつっぱる感じがすることはありませんか? お風呂に入ったあと、あるいはシャワーを浴びたあとに、皮膚がかさかさしてかゆみを感じるということはないでしょうか? これは洗浄料によってお肌の汚れや古い角質層、不要な皮脂だけでなく、お肌にとって必要な「うるおい」まで洗い流しているからです。

人間の肌には、血管のほかに皮脂を分泌する皮脂腺と、汗腺があります。そして皮脂膜で覆われています。皮脂膜というのは、皮脂腺から分泌される皮脂と汗が交じり合ってできたものです。角層といって皮膚のもっと深くにある層からの水分の蒸発を防ぐ、天然の保護膜の役割としています。

そしてこの皮脂膜の下にあるのが、角層や、天然保湿因子、および角層細胞間脂質などです。

「角層」というのは、角層細胞が重なりあった層で、皮脂膜と同様、天然の防御膜の働きをしています。また、「天然保湿因子」とは、肌が作り出す水溶性のアミノ酸、塩類で、水分を捕まえて離さない性質をもちます。そして、「角層細胞間脂質」とは、角層細胞と角層細胞の間を埋めている脂です。これも角層の水分を保持し、うるおいと保つ働きをしています。
このように人間の皮膚には、もともとうるおいを保つ働きが備わっているのです。したがって、これを取り除かないよう、かつ、汚れをしっかりと落とすことが大切なのです。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0