This page:肌 トラブル > 化粧水と乳液

化粧水と乳液

肌トラブルの多くは、毛穴につまった汚れが原因といわれます。したがって洗浄はスキンケアのために非常に重要な基本です。しかしその洗浄によって、人間が本来持っている、天然の保護膜やうるおい成分までが取り除かれてしまい、洗顔後にお肌がつっぱったり、お風呂に入ったあとに肌がかさかさする、かゆみがある、といった症状が出ることがあります。

たとえば、洗顔後の角層をみると、たっぷりと水分が含まれています。しかしこれらの水分は20分程度でどんどん蒸発していってしまうのです。乾燥の激しい時期や、エアコンがきいた室内では特にそうです。また普段から肌が乾燥しがちな方は、注意が必要です。

したがってできるだけ早く、肌を保湿することが必要です。化粧水や乳液を外から補ってあげるのです。化粧水は水分と保湿成分を補給し、肌のきめをととのえる役割をします。そのあと、乳液をつけます。乳液は、肌に水分や油分、保湿成分を補います。また、肌の表面に乳化膜を作り、肌から水分が蒸発するのを防ぐ役割があり、肌のうるおいバランスを保つのに重要な役割を担います。

さきほど、洗顔のあと20分程度で角層の水分が蒸発してしまう、とお話しました。ということは、この化粧水と乳液による保湿ケアは、その前に・・・10分以内に行うことが必要です。

洗面台に、あるいはお風呂場の脱衣所に、化粧水と乳液を置いておき、洗顔や入浴後にすぐつけることを習慣化するとよいかもしれませんね。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0