This page:肌 トラブル > スキンケアの基本

スキンケアの基本

肌トラブルにお悩みの方は、女性に限らず非常に増えてきています。肌トラブルの原因はさまざまです。その対処の仕方も、それによって異なってきます。しかし、スキンケアの基本である、1.洗浄、2.保湿、そして3.紫外線対策、をしっかりと行うことでかなりの肌トラブルを防ぐことができます。またたとえトラブルを起こしてしまったとしても軽くすることができるといわれています。

スキンケアの基本である、1.洗浄とは、肌を清潔にするということ。肌にとって不要なものである「汚れ」をしっかりと落とすということです。この場合、「汚れ」には、油性の汚れと水溶性の汚れがあります。女性の方のお顔の汚れを例にとると、ファンデーションなどの汚れは油性の汚れです。一方、古くなった角層、いわゆる「垢(あか)」の汚れは、水溶性の汚れといいます。
油性の汚れと水性の汚れは、それぞれ性質が異なります。油性の汚れに対してはそれにふさわしい洗浄料を用います。クレンジングなどです。一方、水溶性の汚れは一般の洗浄料、つまり石けん類で落とすことができます。

次にスキンケアの基本の2.保湿についてですが、保湿というのは、肌のうるおいを保つということです。特に保湿が必要なのは、洗顔後です。洗浄料は、確かに肌に不要な「汚れ」を落としてくれますが、と同時に、肌に必要な「うるおい」も取り除いてしまうからです。

そしてもうひとつの基本は、3.紫外線対策です。紫外線による皮膚への影響については、美容という面だけでなく健康という点でますます注目されつつあります。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0