This page:肌 トラブル > 発疹のない全身性のかゆみ

発疹のない全身性のかゆみ

肌のトラブルは、必ずしも皮膚病によるものとは限りません。発疹はみられず、全身にかゆみがあるという場合、むくみや黄疸、全身の倦怠感など、そのほかの症状がないかどうかにも着目し、全身性の疾患の可能性も含めて、適切な科を受診するべきです。

以下、発疹がなく、全身性のかゆみを伴う場合に疑われる疾患とその主な症状をあげてみます。

発疹はなく、皮膚が全身にあたってかゆく、さらに以下の症状がある場合:

●黄疸、全身の倦怠感がある場合は「肝硬変」の疑いがあります。
●黄疸、腹痛がある場合は、「胆石症」の疑いがあります。
これら2つの疾患については、内科または消化器科を受診してみましょう。

●肥満、口のかわき、倦怠感がある場合は「糖尿病」の疑いがあります。
●足の親指の痛みがある場合、「高尿酸血症」「通風」の疑いがあります。
これら2つの疾患については、内科の受診をお勧めします。

●高齢者で、冬の時期に皮膚が乾燥するという場合は、「老人性ようしょう症」の疑いがあります。
●抗生物質、アスピリンなどに対する反応で、発疹が出ることもあるいう場合、「薬物アレルギー」が疑われます。
これらふたつについては皮膚科を受診します。

●むくみ、食欲不振の症状がある場合、「慢性腎不全」の可能性があります。
内科または泌尿器科を受診します。

その他、決して多くないのが、神経症の場合です。精神的ストレスがあり、主に頭部にかゆみが現れます。このような場合は、精神科の受診が勧められます。

 

cms agent template0037/0038 ver1.0